絶対に損したくない人必見!骨董品買取における基本知識やポイントをご紹介します!

このサイトは絶対に損したくない人必見の、骨董品買取における基本知識やポイントをご紹介しています。
自宅にアンティークな品が眠っているため処分を考えているのなら、ぜひ参考にしてみてください。
失敗しない骨董を売却する業者の選び方とはどのようなものなのかも、このサイトで解説しています。
さらに信頼のおける骨董の買い取りをする業者の見極めポイントも紹介しているサイトです。
大切な価値あるアンティークを手放す場合におすすめです。

絶対に損したくない人必見!骨董品買取における基本知識やポイントをご紹介します!

自宅に使わないまま眠っている骨董品があるため買取に出したいと考えている人もいるのではないでしょうか。
そのようなときに知っておきたい基本知識として、専門業者を選んで売却するということがあります。
買い取りをする業者も様々ですが、様々な品物を扱うリサイクルショップではなく骨董品に詳しいプロがいる専門店を選ぶのがポイントです。
そういった業者のほうが価値をしっかり判断してもらうことができると期待できるからです。

買取前にまずは自分で見極めよう!骨董品の種類は大きく5つに大別される!

骨董品の定義は「製造から100年が経過した手工芸品・工芸品・美術品」と広くとられています。
そのため一口に骨董品といっても、実際は5種類に大別されます。
まずは陶器や磁器などの焼き物。
有田焼や伊万里焼などが有名で、壺や茶碗、花瓶を連想する人が多いでしょうが、洋食器なども焼き物に分類されます。
掛け軸や絵画も馴染み深いでしょう。
芸術作品としての歴史が古い掛け軸や絵画は偽物が多く、鑑定が難しいのが特徴です。
茶道具も挙げられます。
茶道では様々な道具が用いられますので、骨董品に数えられる茶道具も多岐にわたります。
刀剣や甲冑も高い値がつけられます。
高い人気を誇る刀剣は特に価値が高いとされます。
意外なところでは軍配などもここに入ります。
最後が、象牙・珊瑚・翡翠を使った製品。
素材自体が希少なため、これらを使った芸術品にも非常に高い価値がつけられています。
5種類に大別されてこそいますが、この他にも古書や古銭、切手なども古い物であれば骨董品とされています。

買取前に自分でできる骨董品の価値や真偽の見分け方のポイントについて

骨董品の買取依頼をする前に、何点か本物かの判断がつきにくいものがあり、悩んでしまうケースもあります。
作家名や鑑定書など、自分でできる見分け方として、必要な書類を探したり、作家名をネットなどで調べていくことも大切です。
インターネットで調べていく場合も、有名な作家なら知りたい情報をある程度集めていくことができるようになります。
価値をきちんと知っていくことが重要であり、見分けがつきにくい場合でも、気軽に相談をすることができる骨董品買取専門店があることに注目です。
偽物であったとしても、プロが本物ではない理由をわかりやすく説明することができるところもあります。
本物であることがわかると、安心して買取の依頼をすることができます。
無料で査定ができるところが多いため、自分で調べても判断がしがたい場合は、専門店のスタッフに相談することをおすすめします。
付属品が揃っていると、箱なども本物かを見極める判断材料となります。

骨董品買取で価値が決まる要素は希少性と美術的評価の高さ!

骨董品の買取りにおける価値算定は、希少性の高さと美術的価値の高さが大きく左右します。
希少性は作家が作った作品数自体が少なかったり、作家がすでに逝去されている場合です。
もう同じ作品を作ることが出来ないという観点から、価値が高まるのです。
ただし、贋作も多いのが特徴になるため識別できる根拠は必要です。
鑑定士に依頼したり、鑑定書がついていたりするなど正規の方法で入手すると良いでしょう。
特に掛け軸などは偽物が多く、注意が必要です。
美術的価値の高さについては、万人が美しいと感じることや名誉ある美術評論で評価されるなど客観的価値と普遍的価値を併せ持つものに共通します。
最近ではデジタルアートと呼ばれる、ブロックチェーン技術を利用した作品も高値で取引されるケースが増えているのです。
もちろん様々な美術を見ていて今後価値が高まるという先見性や、その骨董品をどのように展開していくかを考える戦略も併せ持つ人が評されるのです。

骨董品買取では年代と作者の知名度に保存状態もシビアに買い取り額に影響する

普遍的な人気を確立している有名なブランドバッグやわかりやすく豪華な高級腕時計や鑑定書付きのダイヤモンドなどは、相場というものがあり買い取りに出した際の査定額をある程度想定することが出来ますが、骨董品はいくらで買い取ってもらえるのか素人にはわかりません。
わからないことだらけで不安がつきまといます。
保存状態の良さや作られた年代や作者の知名度や色やデザインなどがシビアに査定額に反映されますし、需要や希少価値などの要素も材料になり評価がとにかく難解です。
オークションサイトに出品したりステレオタイプな査定を行うチェーン展開するリサイクルショップに持ち込んだりフリマアプリを利用したりすると、骨董品の価値を的確に評価されない可能性があります。
評価通りの価格で売りたいなら、骨董品や古美術品や古文書や古銭などの鑑定を得意としている、専門性が高くて豊富な実績と長年にわたり培ってきた信頼がある老舗の買取業者を利用すべきです。

骨董品を極力高く買取ってもらうコツ①化粧箱や鑑定書など付属品の添付

骨董品を極力高く買取ってもらうためには、付属品もしっかりと保管しておくことが大切です。
これらのものが手元に残っていないと、買取価格が大きく変化してしまうようなこともあります。
そのために、将来売却することを予定している場合には、購入をした時についてきた付属の品を、なくさないように保管しておいた方が良いでしょう。
付属品の中でも特に骨董品の価格に影響を与えやすいのは、化粧箱や鑑定書などの品物です。
化粧箱はそれ自体に価値がある場合もあるので、なくさないようにするだけでなく、できる限りきれいな状態で保管しておいた方がおすすめです。
鑑定書は売却したい骨董品の品質を保証できる大切な書類であるために、高額で売却をしたい場合に欠かせないものです。
ものをなくしやすい人は、大切なものを一つの場所にまとめて保管しておく方法もおすすめです。
どこに鑑定書などを保管をしておいたかを、売る時まで忘れないように覚えておくことも重要です。

骨董品を極力高く買取ってもらうコツ②カビや汚れやひび割れがほとんどない

骨董品をできるだけ高額で買い取ってもらうためのコツとして紹介できるのが、買取に出す骨董品をできるだけ良い状態に保管する方法です。
同じ種類のものであっても、保存状態が良い品物の方が、高額で評価してもらえることが多いです。
保存をする時に気をつけなければいけないのは、汚れがつかないようにすることです。
汚れを見つけたらすぐに取り除くことのが重要で、時間が経過してしまうと取れなくなってしまう場合もあるので注意が必要です。
骨董品を高額で売却するためには、カビの発生も防ぐ必要があります。
品物の種類によっては、カビが発生すると簡単には落とせなくなることもあるので、あらかじめカビが発生しないような場所に保管しておいた方が良いでしょう。
カビは温度と湿度が高い場所で繁殖しやすいので、こうした場所に保管するのは避ける必要があります。
ひび割れがないことも高額の買取をしてもらうためには重要で、壊れやすいものは普段から慎重に扱った方がおすすめです。

骨董品を極力高く買取ってもらうコツ③季節や時期にトレンドを見極めて査定してもらう

洋服の買取が季節に合わせて買い取り額が変わるように、骨董品もトレンドに注目しながら売るタイミングを知っていくことが必要です。
桜の柄の壺など、季節を感じるものだと、その季節が近づいてくるときに売ったほうが、査定をするスタッフもこれから売るときのことを考えて査定額をプラスしてくれる可能性があります。
納得できる金額で売っていくことができるように、買取に関する情報収集を丁寧に行っていくことが必要です。
時期を見極めていき、その季節に合ったものや今のデザインの流行にも注目しながら、骨董品を売るタイミングをしっかりと見極めていくことをおすすめします。
店頭で査定をすることもできますし、割れる恐れがあるものなら無理をして運ぶのではなく、ネット査定をしてから売るかを判断していくこともできます。
売りたいものが大量にある場合は、出張査定を利用することによって、大量にあるものもまとめて売りに出すことができるようになるため、安心です。

骨董品を極力高く買取ってもらうコツ④落款や銘にサインがクリアなものを査定してもらう

落款や銘のサインがクリアなものを査定してもらうのが、骨董品を高く査定してもらうための重要なコツです。
これらのものがクリアであるかどうかが重要になるのは、本物か偽物かを判断する時に必要であるからです。
落款とは書や絵画を描いた人が、作品を完成した後に書くものです。
自分の名前を書くことも多く、名前の代わりに号を使用することもあります。
そのために、これを詳しく調べることで、本人が制作したものであるかを判断することが可能になります。
クリアな状態な方が良いのは、不鮮明な状態の場合、本物かどうか判断しにくくなるからです。
本物にしろ偽物にしろ、はっきりと残っているものの方が、査定をする人も鑑定をしやすくなります。
銘は刀剣などの骨董品に刻まれているもので、銘も刀剣を制作した作者が自分で入れるものです。
銘を調べることでも本物かどうかを判断することができるため、はっきりと残っているものの方が、買取の時の査定を正確にしてもらえます。

骨董品を極力高く買取ってもらうコツ⑤象牙や翡翠といった希少素材のものを査定してもらう

骨董品を専門店に極力高く買取ってもらうためには、価値の高い素材を使用したものを売るのが最適な方法です。
鉄や銅などの、ありふれた素材を使用して制作されたものは、制作をした人が有名な芸術家であるような場合を除き、高く評価されることが少なくなっています。
ですが、素材に価値の高いものを使用している骨董品ならば、有名な芸術家が制作したものでなくても、高額で評価してもらえる場合が多いです。
査定額が高額になりやすい価値の高い素材の代表的なものが、希少価値のある素材です。
簡単には手に入れることができない素材であるからこそ、中古市場でも高く評価されています。
骨董品に使用されている希少な素材の中でも特に人気があるのは、翡翠や象牙です。
これらの素材は希少性があるだけでなく、それ以外の価値が多くあることも、高額で取引される理由です。
翡翠には宝石のような美しさがあるので、非常に古い時代から価値のあるものとして取引されてきました。

骨董品に関する情報サイト
骨董品買取の基本

このサイトは絶対に損したくない人必見の、骨董品買取における基本知識やポイントをご紹介しています。自宅にアンティークな品が眠っているため処分を考えているのなら、ぜひ参考にしてみてください。失敗しない骨董を売却する業者の選び方とはどのようなものなのかも、このサイトで解説しています。さらに信頼のおける骨董の買い取りをする業者の見極めポイントも紹介しているサイトです。大切な価値あるアンティークを手放す場合におすすめです。

Search